国民健康保険の傷病手当 本文へジャンプ
TOP暮らしの豆知識>国民健康保険の傷病手当


国民健康保険における傷病手当

健康保険に加入している人は傷病手当金は支給されますが、国民健康保険では傷病手当は支給されるのでしょうか?このページでは、国民健康保険の傷病手当の支給条件や手続きについて紹介しています。

国民健康保険制度では傷病手当金の給付は、任意対象とされています。一部の国民健康保険組合では支給対象になっていますが、市町村の国民健康保険では支給の対象にはなっていません。

企業などの健康保険に加入されている方は、任意で給付の対象となっています。

国民健康保険での傷病手当の支給条件

国民健康保険組合で傷病手当金の支給要件と条件は下記の通りです。

○傷病手当の支給を受けることの出来る国民健康保険組合に加入している期間中に、病気や怪我な
  どで仕事が出来なくなった日から4日目以降から傷病手当金が標準報酬額の100分の60に相当
  する額が支給されます。

○傷病手当の支給期間は、支給を受けた日から計算して1年6ヶ月以内となります。

○病気や怪我の医療費が事業主から給与の一部、または同一の病気によって年金から生涯給付を受
  けている金額より上回る場合に、上回る金額の差額分が支給されます。

○傷病手当金の受給期間中に会社を退職しても傷病手当金は引き続き支給されますが、退職した後
  に新しく発症した怪我や病気などは対象になりません。


スポンサードリンク




傷病手当の手続き

国民健康保険の傷病手当の手続きは、傷病手当金支給申請書に必要事項を記入し、医師の意見、事業主の証明を記載して社会保険事務所に提出し認定を受けることが出来ると支給を受けることが出来ます。

傷病手当は政府管掌健康保険組合や企業などの健康保険組合・または一部の傷病手当を受けることの出来る国民健康保険は支給を受けることが出来ますが、一般事業主が加入している市町村の国民健康保険では傷病手当金は支給の対象にはなりません。

このことから、もしもの時の為に自分が加入している国民健康保険が傷病手当金の支給対象になっているかどうかを、市町村に確認しておく必要が重要となります。


スポンサードリンク




○失業保険に関する事はこちらから
退職後の失業保険 退職後に受け取ることの出来る失業保険について紹介しています。
失業保険の会社都合と自己都合の違い 失業保険を受け取る為に必要な退職理由について紹介しています。
失業保険の不正受給 失業保険を不正に受給や罰則について紹介しています。
失業保険のアルバイト 失業保険の受給中にするアルバイトについて紹介しています。
失業保険の計算方法 失業保険の給付される金額の計算方法について紹介しています。

   Copyright(c)生活豆知識情報局〜豆知識クラブ〜 All Rights Reserved.